2019
1
Dec

〜タイ〜

〜線路にあるマーケット!?メークロン市場へ!〜

こんにちは!

最近手がガッサガサになりやすく、オロナインを塗る毎日です。

 

オロナイン、万能!!(゚∀゚)

 

 

 

 

前回、ナイトマーケットの夜景を眺め

 

 

冷やし中華に感動した1日でした!

(おい!!)

 

 

 

 

さて、今日はバンコクから少し離れた街の

「メークロン市場」へ向かいます!

 

朝、原付が行き交うところをサブバックを引っ張りながら出発!

バンコクは朝から本当に暑い・・・( ´∀`)

 

背中にジトッと汗をかきながら、地下鉄の駅を目指します。

 

 

 

 

地下鉄に乗り、以前も利用したバスターミナルを目指します。

 

 

 

地下鉄の駅から2キロほど歩き、バスターミナルへ

 

バスターミナル内へ行き、事前にネットで調べた乗り場へ向かいます。

 

 

 

 

「え〜と、ネットで調べた情報だとここら辺のはずなんだけどなぁ〜( ゚д゚)」

 

なんか見当たらないので周りの人に聞いてみると

 

 

 

「メークロン行きのバンはここじゃないよ〜」

 

「え?どこですか??」

 

「このバスターミナル じゃないよ。外だよ。」

 

「え??外??( ゚д゚)」

 

 

 

その後、外へ行きチケットオフィスなどで聞いた結果・・・

 

 

 

 

 

メークロン行きのバンは

道路を挟んだピンの方から出ているとのことでした。

 

 

この建物内(建物はD)に入り

 

9番のカウンターで購入できました!

「メークロン」と聞くと、皆さん親切に教えてくれました!

 

 

 

100バーツでチケットを購入。

(左のチケットの「54」という数字が乗り場の番号です。)

 

バンに乗り込み出発。

車内は満席で結構狭い・・・( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

 

〜1時間半後〜

 

無事メークロン到着!

 

バンは目的地であるメークロン市場の近くで降りれました。

 

とりあえずサブバックを宿に置きに行きます。

 

 

「Samut Songkhram」

メークロン市場の近くでアクセスが便利な宿です。

wifiは普通(爆速ではないです。)

(若干、ドミトリーとしては料金が高いかな・・・)

 

 

宿にある列車の時刻表

メモをし、いざメークロン市場へ!

 

数分歩き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メークロン市場到着!!

 

 

え??線路??

と思われるかもしれません。

 

 

そう!

この市場は、営業している鉄道線路の周りにあるのです!!(゚∀゚)

 

線路がみんなの通り道になっています。

 

1日に8本しか列車は通らないので出来る芸当ですなぁ〜

列車が通るときだけ、商品をどかして列車を通過させます。

 

 

列車が通らない時間帯は混雑してないですが

 

通過時間になると観光客の人の波がすごいです。

 

 

 

適当にパシャパシャ撮りながら列車を待っていると・・・

 

 

 

 

 

 

「〜?*#0〜+”!」(タイ語)

アナウンスが入り、市場の人たちが通過の準備をします!

 

観光客の人はカメラを構えます。

(昼間の時間帯の列車は、本当に観光客の数が凄いです・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ピイィ!!!!!」

遠くから汽笛が鳴り響く。

 

いよいよくるぞぉ!!( ´Д`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお!!( ゚д゚)

キタァ!!(゚∀゚)

 

 

 

 

 

ゆっくりゆっくり、確実に列車が近づいてきます!!

 

 

 

そして自分の目の前

数十センチ先には列車の巨体が・・・

 

 

ガタンゴトン、ガタンゴトン・・・

 

 

 

 

 

 

あっという間に通過していきました。

めっちゃ低速ですが、目の前を通過した時は結構怖いです!!

 

明日は、早朝の市場の様子も見てみよう!!(^ω^)

というわけで、数日間メークロンに滞在しようと思います。

 

今日はこの辺で失礼します!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村
↑ こちらのサイトに参加させていただいています。
クリックしブログ村サイトへ移動しますと、ポイントが入りランキングが上がるようになっています。一日一回、応援の1クリックぜひお願いいたします。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。